寒い冬でも快眠

足指ストレッチ・・・・手足を暖めて冬でも快眠

①足の親指以外の指先全体を覆い、
足裏の方へぐっと曲げ、しばらく静止。

②今度は反対に甲の方へ反らせて静止。

足が冷たくてなかなか眠れない・・・・」。

冬は手足が冷たくて寝付きが悪くなることがあります。
 寝付きの悪さの原因は体の深部の温度をうまく調節できないからです。
 私たちは眠りに入るとき、体や脳を休ませるために体の深部温度を下げようと、手足の血管を広げて放熱します。
 眠くなると手足がぽうっと温かくなるのはこのためです。
しかし冬は床や布団などの冷たさに体が反応して熱を掛がさないように手足の血管が収縮してしまい放熱できないため、深部温度が下がらずなかなか眠れないのです。
スムーズに眠りに入るには眠るまでに手や足の先を冷やさないことが肝心です。
 全身浴や半身浴で体を温め、 風呂から出たら、冷たい床から熱を奪われないようにすぐに靴下をはいたり、冷たい布団で手足の先が冷えないように、電気毛布などで布団を温めておくようにします。
ただし汗をかかないように布団に入るときは靴下は脱ぎ、電気毛布のスイッチは眠る前に切りましょう。
もし足先が冷たくなってしまった時には足指ストレッチがオススメ。
 足先の血行がよくなります。